島国 四国の旅

【四国で人生で1度は行くべき絶景スポット3選!】インスタ映えするスポットを紹介してみた!

こんにちは!RYOです。

四国に旅行に来て、絶景スポットを探している方におすすめするスポットを紹介をしていきます。

『インスタ映えする絶景スポットを探している』

『アートな写真を撮りたい』

『彼氏・彼女でのんびり楽しみたい』

【四国で人生で1度は行くべき絶景スポット3選!】を紹介していきますので、行ってみたいと思う方は最後まで読んでいただけたらと存じます!

1日2回だけ現れる?幻の四国絶景スポット『エンジェルロード』

1つ目に紹介する絶景スポットは、香川県小豆島にある『エンジェルロード』です。

『エンジェルロード』1日に2回だけ見られる砂浜の道です。普段は海を隔てて位置する『小豆島』『余島』の間に干潮時にだけ海から道が現れて歩いて渡ることができます!

恋人の聖地で知られる『エンジェルロード』は別名『天使の散歩道』と呼ばれています!

大切な人と渡ると天使が願いを叶えてくれるいう謂れがあります。

景色もよく、デートスポットとしてもおすすめなので、大切な方と1度訪れてみてはいかがでしょうか?

鐘と砂浜をバックに記念の写真とかいいですね!

アクセス方法


・土庄港からアクセス
国道436号線を東へ車で約5分/送迎バスご利用の方 約5分

・福田港からアクセス
国道26号線を西へ車で約40分/路線バスご利用の方 福田線土庄港行き・南廻り約60分、北廻り約50分 送迎バス 約5分

・大部港からアクセス
国道26号線を西へ車で約20分/路線バスご利用の方 福田線土庄港行き・北廻り約30分 送迎バス 約5分

・坂手港からアクセス
国道26号線を西へ車で約30分/路線バスご利用の方 福田線土庄港行き・南廻り(坂手線・南廻り) 約30分 送迎バス 約5分

・池田港からアクセス
国道436号線を西へ車で約10分/路線バスご利用の方 坂手線・南廻り 福田線 土庄港行き約15分 送迎バス 約5分

・草壁港からアクセス
国道436号線を西へ車で約20分/路線バスご利用の方 坂手線・南廻り 福田線 土庄港行き約30分 送迎バス 約5分

※送迎バスは事前連絡が必要です。

瀬戸内海の絶景スポット アートの聖地 直島

アート鑑賞や建築物が大好きな人にとっては聖地であるのが直島です。

建築家・安藤忠雄さんが設計した美術館や施設、国際的評価の高いアーティスト・李禹煥さんと建築家・安藤忠雄さんコラボレーションによる美術館があります。

美術館エリア/宮之浦エリア/本村エリアでアート鑑賞が展開されています。

インスタ映えのする聖地とも言えるかもしれません!

美術館エリア

地中美術館

2004年に設立された美術館で建築家・安藤忠雄さんが設計をし、館内にはクロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が恒久設置されています。

アーティストと建築家とが互いに構想をぶつけ合いながら作り上げた美術館は、建物全体が巨大なサイトスペシフィック・ワークといえます。

瀬戸内海の美しい景観を損なわないよう、建物の大半が地下に埋設されたこの美術館は、地下でありながら自然光が降り注ぎ、一日をまた四季を通して作品や空間の表情が刻々と変わります。

李禹煥 美術館

ヨーロッパを中心に活動している国際的評価の高いアーティスト・李禹煥さんと建築家・安藤忠雄さんのコラボによる美術館です。

半地下構造となる建物の中には、70年代から現在に到るまでの絵画・彫刻が展示されており、建築と響きあうことで、空間に静謐さとダイナミズムを感じさせます。

宮ノ浦エリア

直島銭湯『I♡湯』

アーティスト・大竹伸朗さんが手がける実際に入浴できる美術施設銭湯です。

国内外から訪れるお客様と島民との交流の場として建てられた銭湯は、外観・内装、浴槽、風呂絵、モザイク画、トイレの陶器にいたるまで大竹伸朗ワールドが反映されています。

浴槽につかり、全身でアートを体験してみてはいかがでしょうか?

宮浦ギャラリー六区

宮浦ギャラリー六区は、2013年に設置されたギャラリーです。

建築家・西沢大良さんにより、島民が娯楽を求めて行き交っていた娯楽の場「パチンコ999(スリーナイン)」が、隣接する公園とともに、島内外の人々が集う新たな憩いの場として生まれ変わりました。

さまざまな企画展やイベントを開催しています。

屋外作品

直島パヴィリオン

直島町町制施行60周年記念で制作されたオブジェです。

建築家の藤本壮介さんが手掛けた作品で、27島からなる直島諸島の「28番目の島」をコンセプトに制作された作品です。

約250枚のステンレス網で構成され、内部に入ることができます。

『赤かぼちゃ』

『太陽の「赤い光」を宇宙の果てまで探してきて、それは直島の海の中で赤カボチャに変身してしまった』芸術家の草間彌生さん自身が語った作品です。

草間作品の特徴である水玉のいくつかはくり抜かれており、内部に入ることができます。

『BUNRAKU PUPPET』

ポルトガルを代表する現代美術作家のジョセ・デ・ギマランイスさんの作品です。

香川県の無形文化財に指定されている『直島女文楽』

その動きや着物の裾さばきの美しさに着想を得て制作された作品です。

横には、ジョセ・デ・ギマランイスさん制作の観光案内看板も設置されています。

まだまだ作品はありますが、行ってみて楽しんでください!

アクセス方法はこちら

※引用:直島観光旅サイト

※引用:ベネッセアート直島

日本のウユニ塩湖『父母ヶ浜海水浴場』インスタ映えする絶景を狙え!

『父母ヶ浜(ちちぶがはま)』は香川県三豊市仁尾町にある全長約1kmのロングビーチです。「天空の鏡」と呼ばれるウユニ塩湖のような写真が撮れるスポットとして話題です。

全長約1kmのロングビーチを上から撮影すると、このように見えます!

絶景を見るためには下記の条件が揃った時を狙いましょう!
『干潮と日の入り時刻の重なる時』
『風がなく水面が波立たない時』
『日の入り前後約30分間のマジックアワー』

三豊市観光交流局HP上では絶景の見ごろ予想カレンダーや綺麗な絶景写真の撮り方も確認できるので、お出かけ前にチェックして訪れる事をおすすめします。

周辺とアクセス方法はこちら


・車でお越しの方
ナビ用目標住所香川県三豊市仁尾町仁尾乙203-3 父母ヶ浜海水浴場
[高松自動車道] さぬき豊中ICより約20分
三豊鳥坂ICより約20分

・その他の交通機関でお越しの方

※引用:三豊市観光交流局

【四国で人生で1度は行くべき絶景スポット3選!】インスタ映えするスポット まとめ

【四国で人生で1度は行くべき絶景スポット3選!】インスタ映えするスポットを紹介してきましたが、いかがでしょうか?

インスタ映え間違いなしのスポットで紹介した絶景スポット全部好きですが、自分は建築物好きなので直島推しです。(笑)

芸術好きな人には、近くにある豊島や犬島もおすすめです!

現在はコロナ渦で特に人が多い街の方々は、大変辛い生活をされていると思います!

終息したら疲れた気持ちを癒しに【四国で人生で1度は行くべき絶景スポット』へ旅行はどうでしょうか?

自然豊かで落ち着きますよ!

『インスタ映えする絶景スポットを探している』

『アートな写真を撮りたい』

『彼氏・彼女でのんびり楽しみたい』

このようなに思っている方に【四国で人生で1度は行くべき絶景スポット3選!】インスタ映えするスポットを紹介してみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最高のWordPressテーマ「JIN」


JINは読む人も書く人も心地よく使える最高のWordPressテーマとして作成されています。

月100万円以上稼ぐアフィリエイターのノウハウが凝縮されています。

売れるメディア作りに必要なものはすべてテーマ内に揃っているので、最高のWordPressテーマをご堪能あれ。

こちらの記事もおすすめ!