Googleアドセンス

【アドセンスの審査通らない人必見!】Googleアドセンスの審査に99%通過できる方法を解説してみた!

どーもです!

ブログに掲載する広告と言えば『Googleアドセンス』ですが、皆さんは審査通過できましたかぁ?

今回の記事は、Googleアドセンス審査に99%通過できる方法経験談も踏まえながら解説していきます!

このような方におすすめ!
  • アドセンス審査ってなに?
  • Googleアドセンスの審査基準を知りたい
  • 審査に通らない原因がわからない
  • アドセンスポリシーってなに?

審査のポイントは、Googleは『信頼できるWebサイトだけに許可をしている』というのがポイントです!

どのようなWebサイトが信頼できるサイトなのか、このような視点で読んでいただくとわかりやすいと思います。

Googleアドセンスについての基本情報・審査基準についてお伝えしますので、参考にしていただきGoogleアドセンスの審査が通過できるようにブログ改善をしてみていただけたらと思います!

Googleアドセンス 審査について!


出典:Google AdSense

Googleアドセンスの審査とは、Googleが『広告を載せるのにふさわしいWebサイトか?』を審査することです。

違法サイトや社会的にイメージの悪いWebサイトに広告を載せたら広告の印象が悪くなるので、広告主のイメージダウンになってしまいますよね。

そうならないように、Googleが事前にWebサイトを審査して、広告を掲載しても大丈夫か判断されています!

審査に通過すれば自分のブログ・Webサイトに広告掲載ができるようになり、ユーザーがクリックすると報酬が発生します。

それでは、Googleが広告を掲載してもいいというコンテンツはどのようなものでしょうか?

順番に解説していきます!

Googleアドセンスの審査に通過しやすいコンテンツとは?

Googleアドセンスの審査には、通過しやすいコンテンツ通過しにくいコンテンツがあります。

Googleアドセンスの審査に通過しやすいコンテンツとは、『訪問してきたユーザーにとって役立つコンテンツ』です!

中身が詰まっていないサイトに広告を貼ったとしたら、ユーザーアクセス数は集まらず、広告のイメージダウンを招く恐れがあるかもしれないので、Googleは価値のあるサイトを選んで広告配信を認めていると言われております。

訪問してきたユーザーに役立つコンテンツを作るためにはコツがあります!

Googleアドセンスの審査に通過しやすいコンテンツを解説していくので、参考にしていただけたら幸いです。

ユーザーの『悩み』・『疑問』を解決しよう!

Googleアドセンス審査のでは、『ユーザーにとって有益な情報の内容であるのか?』が重視されると言われてます!

有益な情報の内容としてわかりやすいのは、『ユーザーの悩み・疑問を解決する内容』であることです。

例で言いますと、筆者もよく書く記事のパターンを紹介します!

『楽しめるゲームないかなー?』と考えている人がいるとします。このように、『何かいいゲームはないかなー!』,『暇にならないようにずっと楽しめるゲームがないかなー?』と悩んでいる人に向けて、『このゲーム面白いですよー!』,『実際にプレイしての感想は、みんなで楽しめて一緒にプレイするとコミュニケーションも取れるので楽しいですよ!キャラクターも豊富でゲームプレイ中に○○のような激しいアクション要素もあるゲームとなっていて魅力なので、楽しいゲームを探している人におすすめです!』と記事を書きます!

そのような記事を読んで、プレイしてみようと購入してくれたら楽しいゲームを探しているユーザーの悩みなどを解決していますよね。

読者にとって有益なためになる記事を書いていきましょう!

独自性のある記事を書こう!

ブログ記事に『独自性』があると審査に通過しやすいです。

反対に『独自性がない』審査に通過しにくくなります。

『独自性』と言うのは、他の人が書いた記事と同じ内容だとしても、その中に自分自身にしかない経験・体験談や知識などを交えながら、自分にしか書けない記事を書く『独自性』がでます!

『独自性がない』と言うのは、他の方が作成した記事をそのままコピーしてしまっている記事って言うとわかりやすいかもしれませんね!

他の記事とは異なった言葉で説明すると、説明がわかりやすくなる時もあります。そのような内容も『独自性』持つ記事になります。

自分の味が出てる記事は、読者にとっても読んでいて面白いとも思えるから、持ち味を活かした記事を書きましょう。

理想の文字数と記事数

文字数は、およそ1,000文字~1,500文字以上とよく聞きますが、深く考えなくていいと思います!

筆者は、1記事およそ800文字~1,300文字の記事が多かったのですが審査は問題なく通過しています!

大事なのは、読者に向けて有益な情報を伝えることが重要なので読者に内容が伝わる記事であれば、それなりの文字数になります。

文字数にばかり捉われず、読者を意識してしっかり記事を書きましょう。

筆者はがブログを始めた頃は、1記事およそ800文字~1,300文字ぐらいで記事を書いていて、30記事書いた頃にGoogleアドセンスの存在を知り審査に申請しましたが、問題なく通過しています!

たまに『5記事で通過しました!』,『8記事で通過しました!』このように書いている人もいるので読者に必要とされる記事を書くことが大事だということが見受けられます。

とにかく、読者の意識をした記事を書いていきましょう!
※1記事で通過した人は聞いたことないので、複数記事は必要だと思います。

画像を挿入しよう!

記事に画像を挿入することで、読みやすく、わかりやすいコンテンツになります。

上の画像は、日本語訳で『画像を挿入する!』の画像を入れています!

読みやすくてわかりやすい記事は、読者に見てもらいやすため評価されやすいです。

ただし、著作権問題のある画像やテレビ番組のスクリーンショット・動画、芸能人の写真などは、NGです!

使用する場合は、


出典:Google AdSense

上の画像のように、『出典』,『引用』と記載すると使用できる画像もあったりしますが、問題にならないように気を付けましょう!

なるべく、著作権フリー素材画像を使用しましょう!

筆者もよく利用するのは、グラフィックデザインを無料で簡単に作成 Canvaなどを利用しています。作成方法も簡単なのでいいですよ!

ユーザーが操作しやすいWebサイトを作ろう!

Googleアドセンスは、Webサイトがユーザーにとって使いやすいかという点も重視しています。操作しにくいWebサイトだと、操作性が低いことで審査に落ちてしまうケースもあると聞きます!

Googleは、ユーザビリティを重視しているみたいなので、メニューやカテゴリーの位置などに注意して操作のしやすいコンテンツを作っていきましょう!

筆者のブログRYOブログ@フリードットコムでも審査は通過していますが、PC・スマホのどちらでも操作しやすいWebサイト作成をなるべく心掛けたので、心掛けた方がいいと思います!

信頼高めるお問い合わせフォーム・必須のプライバシーポリシー!

お問い合わせフォームとプライバシーポリシーを用意しましょう!

Webサイトの内容に問題がある時に、連絡が取れる手段があるとブログの信頼性が高まります。

連絡手段は、お問い合わせページやSNSなどでも大丈夫です!

大事なのは、プライバシーポリシー&免責事項です!

こちらは、Googleからも必須コンテンツ – AdSense ヘルプとして表記されていますし、責任あるWebサイト運営を心掛けていることを明示しなくてはいけないので、事前に準備しましょう!

筆者は、プライバシーポリシーと免責事項を1つのページで準備しましたが、別々にわけてもいいと思うし、1つにまとめていいと思います!

Googleアドセンスの審査傾向と審査期間!

Googleアドセンスの審査で何回も落ちる理由ってわかりますー?

わたくしは、わかりません!

それは、明確な基準が公表されていないからです。

審査に不合格になった時も、ブログのどこが悪いのか明確に教えてくれないです。

合格するための改善点は、審査に合格した経験を聞いて推測して対策すると思いますが、どのような審査傾向があるのか審査がだいたいどのくらいかかるのかを調べたので説明していきます!

審査傾向について!

最近のGoogleアドセンスの審査は、厳しくなってきている傾向にあります。

前までは、無料ブログにある程度記事や日記を書いて申請すると、審査に通過できていました!

だけど今では、無料ブログで申請しても通過できません。通過できない件に関しまして後で説明します!

審査に通過できるブログ記事は、しつこいと思うかもしれませんが『ユーザーにとって有益な記事か』が重要なので、良質なコンテンツ作成を心掛けてください!

審査期間について!

審査期間は、審査基準による優先順位がつけられており、短期で1日程度中期で1週間程度で結果が出るのですが、長期になると数か月かかってしまいます。

コンテンツが充実していてユーザーにとって有益な記事が書かれている場合、審査期間が短くなります!
※コロナ禍のリモートワークでGoogleが対応できないなど、社会現象やGoogle社内状況も審査に関係してくるので、しっかりコンテンツを作成されている方は大丈夫だと思います!

審査前のチェック✓項目

審査申請前に、以下の3つのチェック項目について確認しておきましょう!

1つでも問題あると審査通過できません!

  • 独自ドメインの取得
  • 一定数のコンテンツがあるか
  • アドセンスポリシー違反をしていないか

独自ドメインの取得

独自ドメインを準備しましょう!

このブログで独自ドメインは『お名前.com』▼

以前は、無料ブログといわれる、企業が運営するブログサービスを利用してもGoogleアドセンスの審査を合格することができていました。

現在では、初回のGoogleアドセンスの審査について、無料ブログの審査はできなくなりました。

無料ブログの場合、URLがパス形式、サブドメイン形式になってしまうので、アカウントの申し込みの時点で申請できなくなっています!

出典:GoogleAdSense のご利用を開始

初回でアカウントが取得できれば、2回目以降の審査では、『はてなブログ』などの無料ブログで申請することができます。

無料ブログでGoogleアドセンスの審査に通過した情報は、2回目以降の審査のことですので注意してください!

一定数のコンテンツの用意をする!

Googleアドセンスの審査では、どういったWebサイトなのかと記事の内容が審査されていますので、一定数のコンテンツ(記事数)が必要です!

1記事でGoogleアドセンスの審査に通過したという方は、有名な方たちでも聞いた事がないみたいなので、一定の記事数は必要だと思われます。

独自ドメインでWebサイトを運営して一定の記事数を用意をするには、WordPressで作成するのがおすすめです!

WordPressの運営には、レンタルサーバーを準備したり、WordPressの設定など準備が必要になります。すぐにWordPressを準備したい方は、こちらの記事も参考にしてみてください!

▼このブログで利用しているレンタルサーバー『XSERVER』▼

アドセンスポリシー違反していない?

アドセンスポリシーとは、『Google・広告主・広告掲載者』がお互いに良好関係を続けていくための、アドセンス広告運営におけるGoogleの方針です。

Googleの方針なので絶対条件になりますが、記事の内容がGoogleアドセンスのポリシー違反(規約)に違反してはいけません。

『常識に反しないブログ運営に心掛けていれば、最初はほとんど違反することはありません』が、どういうWebサイトのことを指すのか目を通しておいてください!

Googleアドセンスの広告を運営していると、気付かずアドセンスポリシーに違反してしまっている場合があります。

次は、アドセンスポリシー違反の内容について代表的な規約を紹介します!利用前に確認しておきましょう!

アドセンスポリシー違反になる記事内容

次の内容のWebサイト・ブログには、アドセンス広告の掲載禁止されています。

理由は、このようなページに広告が掲載されると広告主のイメージを悪くする可能性があるからです。

なので、次のようなコンテンツ(記事)は作成しないようにしましょう!

  • 成人(アダルト)向け
  • 特定の団体・個人を誹謗中傷する内容
  • 法律に違反している内容
  • アルコール・タバコ・ドラッグなどを勧める内容
  • ギャンブルを促す内容
  • コピーコンテンツ
  • 暴力的な内容

わかりやすい内容はあまり違反しないしないと思いますが、曖昧な内容については、気付かず違反してしまうので要注意してください!

曖昧な内容の規約について!

Googleアドセンスは、広告のクリック報酬単価が他のASPと比べると高いなどとメリットが多いけど、曖昧な規約が多い点についてはデメリットとなってしまいます。

気付かず違反してしまうといきなり収入がなくなってしまうこともあるので気を付けたいところです。

例えばですが、『衝撃的なコンテンツ』という項目に、次のようなことが記載されています!

広告主様とユーザーに配慮して、衝撃的なコンテンツを表示するページにGoogle広告を掲載することは許可されません。これには次のものが含まれますが、これらに限定されません。

  • 陰惨な、生々しい、または不快感を与える記述や画像(例:血液、臓腑、血のり、性的な体液、人間や動物の排泄物、犯罪場面や事故現場の写真)を含むコンテンツ
  • 暴力行為(例:銃撃、爆発、爆弾に関する記述や画像、処刑動画、動物に対する暴力行為)を描写するコンテンツ
  • 過度に猥せつな言葉や冒とく的な言葉(悪態や罵り言葉)を含むコンテンツ

引用元:不適切なコンテンツ – Google 広告ポリシー ヘルプ

『過度な猥せつな言葉や冒とく的な言葉(悪態や罵り言葉を含む)コンテンツ』という中に『悪態や罵り言葉』と記載されています。

ブログ内で冗談のつもりで『バカヤロー』と書いてしまうと、当てはまるかどうかハッキリしない時があると思います。

もしかしたら読者は傷付いているかもしれませんよね。

どうしても曖昧にならざる得ない規定の時、Googleが規約違反と判断したらポリシー違反になってしまいます。

Googleアドセンスを利用するにあたり、アドセンスポリシーに一切違反しないWebサイト・ブログ運営を心掛けなくてはいけないので、よく注意してコンテンツ作成に励みましょう!

※アドセンスポリシー違反をするとGoogleから広告配信が停止されます!
停止された時は、すぐ反省をして迅速に違反してしまった記事の削除・修正を行ってください!

記事の内容外のアドセンスポリシー違反について!

記事の内容以外でポリシー違反になる内容は、次の通りです。

ユーザーの誤ったクリックを招いたり、広告主に不要な不利益を招く恐れがあるのでこのようなWebサイト・ブログへの広告掲載は禁止されています!

  • プライバシーポリシーが掲載されていない
  • アドセンス広告を自分でクリック
  • 家族・友達・第三者に広告のクリックをお願いする
  • ユーザーが求めていないサイトに勝手に転送するサイトで掲載
  • アドセンスコードをソフトウェア内部・ポップアップ上・メール内など、不適切な場所に表示
  • ポップアップを表示するWebサイトでの掲載

このポリシー違反はわかりやすいので、理解してGoogleアドセンスの申請をしましょう!

Googleアドセンス審査に99%通過できる方法を解説! まとめ

今回は、Googleアドセンスの審査の基本情報・審査基準について解説させていただきました。

Googleアドセンスの審査に申請する時は、下記の事項に不足がないか必ずチェックしておきましょう!

  • コンテンツ内容(悩み疑問に答える/独自性/記事の読みやすさ)
  • 運営者情報記載
  • プライバシーポリシー記載・お問い合わせフォーム設置

もし下記の内容が含まれているコンテンツがありましたら、削除しておきましょう!

  • 不適切なコンテンツ内容
  • 著作権に引っ掛かる画像・動画
  • コピーコンテンツ

Googleアドセンスの審査基準は徐々に厳しくなってきているので、禁止事項などたまに確認をしてコンテンツを充実させていきましょう。

あまり難しく考えなくていいと思いますが、オリジナルの有益なWebサイト・ブログを作成して、Googleアドセンスの審査を楽々と通過できるように頑張っていきましょう!

皆様のGoogleアドセンスの審査の合格の祈りを込めて今回の記事を書きましたので、参考にしていただけたら幸いです!

わからないことがありましたら、お問い合わせ | RYOブログ@フリードットコムまでお問い合わせいただけたらお答えできることはしていきます!わかる範囲で記事で解説はしておりますので、筆者もわからないことはこの人の記事なら大丈夫という参考サイトの紹介ぐらいならできると思いますので、気軽に問い合わせていただいて結構です♪

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

【絶大な人気を誇る女優も参戦!】おすすめゲームアプリ 人生勝ち組になるために・・・!中国古代成り上がり恋愛RPGゲーム 日替わり内室
日替わり内室

日替わり内室

Ujoy無料posted withアプリーチ

本作は、中国古代の官界が背景、ストーリーを通じてのキャラクター育成がメイン。
ゲーム内には煌びやかな原画シーン・繊細な人物描写があり、50人以上の美人と英雄豪傑の独特な性格も生々しく表現!プレイヤーは古代中国で英雄の友と肩を並べ、美人を懐に抱き、官界で闘争を繰り広げる!至高な権利と人々の信頼を勝ち取り、人生の勝ち組になろう!